Supporters Blog.

カラーを活かすブログ

2022.07.28

自分の好きがわからない

ある方から美術館の楽しみ方を紹介してもらって

それからは、その方法で作品を鑑賞するようにしています。

 

「展示してる絵を一点持ち帰ってもいいなら

 どれを持ち帰るか」

そういう視点で観る。

 

作品の横に掲示してあるプレートを見て

有名な作家だと、それがいいもの

いいと思うべきものだと錯覚してしまいます。

美術館は、どちらかといえば

評価の定まった絵を見る知識と教養をつける世界

 

だから、ただ作品をみて

その中であえて、自分の「好き」を貫いてみる。

そうすることで、自分にとってのいいもの、

好きなものが見つけられるようになる、と。

 

これで随分と美術館も楽しめるようになりました。

 

しかし、美術はできても

音楽は同じようなことができない。

 

曲を弾くときに、自分の好きな演奏家のものを聴いてみて

と先生に言われるのですが

自分がなにが好きなのかがわからない。

 

観て感じることと

聴いて感じることは違うのでしょうか。

 

自分にとって本当にいいもの、好きなものが

まだわからなくて迷い続けています。